カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事
カテゴリ
検索フォーム

プロフィール

ステラワース

Author:ステラワース
ガールズゲームショップ「ステラワース」です。よろしくお願いします!

リンク
ステラワースオリジナルシチュエーションCD第11弾
「slow slow XXX...Pink/White」の発売を記念して、
シナリオのいりのたまこ様より発売記念SSをいただきました!
>ブログはこちらから


------------------------------------------------------------------------


「はーあ……」
もう何度目かわからないため息をつく。
彼女はまだ帰ってこない。
平日、結構な頻度で帰りが遅くなる。これは同棲を始めてから知ったこと。
大変なんだろうな、なんて考えながらひとりで夕飯をとり、風呂の支度をして。
それでも帰ってこないので、夜食にも朝食にもなる野菜スープを作ってみたり、意味なくテレビラックを整理してみたり。
思いつくことは全部やって、すっかりヒマを持て余している。
「早く帰ってこーい……」
どうしようもない願いを呟いた時、玄関の開く音がした。
帰ってきた!
急いで向かおうとして、はたと足を止める。
待ちかねていた感を見せたら気を遣わせてしまうかも……。
そうだ、男ならここは余裕を見せないと。
ひとつ深呼吸をしてリビングのドアを開ける。
「おかえり」
声をかけると、靴を脱いだ彼女が顔を上げた。
「ただいま」と笑う顔に、胸がぎゅっとなる。
駆け寄って抱きしめた身体は少し熱い。やっぱり疲れてるんだ。
「メシあるよ。食べる?」
返ってくるのは、んー……と曖昧な反応。
「じゃあ風呂入る? お湯入れてある」
もうひとつの提案に、こくりとうなずく。その仕草にまた胸がきゅんとした。
「あのさ……い、一緒に入ったら……ダメ?」
思わず欲望をこぼしてしまってから、慌てて言葉を足す。
「あっ、アレだから。別に、フツーに入るだけ。
 だって疲れてるだろ、ひとりだと中で寝るかもしれないし。
 そしたら危ないし、だから……」
さらに続けようとした言葉はやわらかい感触に遮られた。
そっと離れていく唇が、やさしく笑う。
「大丈夫、ありがとう」
俺の髪を撫でたあと、「待ってて」とバスルームへ向かう彼女。
それを見送ってから、俺はふらふらとリビングに戻った。そのままソファに倒れ込む。
「なにあれ……かわいい」
そして気づいてしまう、下半身の硬い感触。
「……ばか」
彼女へか、自分へなのかわからない言葉が口をつく。
とりあえず彼女が風呂から上がるまでに、この高ぶりを抑えなければ。
今日はゆっくり寝るんだ。いちゃいちゃは、明日でもできる。
しずまれ、しずまれ……と言い聞かせながら、俺はぎゅっと膝を抱え込んだ。

END


------------------------------------------------------------------------

ステラワースオリジナルシチュエーションCD第11弾
2017/7/28(金)発売決定!!
 

第11弾は “スローセックス”がテーマ。
恋人同士の甘いやりとりを描く大人の女性向けシチュエーションCDです!
彼と癒しのゆったりエッチ《white》バージョン
彼の誘いに応える甘々エッチ《pink》バージョン 2作同時発売!


sloslo.jpg

タイトル:
slow slow XXX... Pink
(スロウスロウ ピンク)
slow slow XXX... White (スロウスロウ ホワイト)

キャスト:峰島健太(みねしま・けんた)役/土門熱
キャラクターデザイン:カズアキ
シナリオ:いりのたまこ


※全編ダミーヘッドマイク収録
※18歳以上購入推奨
※ステラワース、アニメイトにて2枚同時購入特典CDあり
※本編及びアニメイト特典は、ポケット★ドラマCDにて後日配信予定あり

>ステラワース通販ページはこちらから
>アニメイト通販ページはこちらから


// ホーム //